アスリートサポートコース

部活動を頑張っている学生さんへ!
スポーツ愛好家のあなたへおすすめのコース!

関節を守ろう!

  • 陸上やマラソンで長距離を走ると、スネの内側や足裏が痛くなる…
  • サッカーで股関節が痛くなり、ボールを蹴れない…
  • バスケットでヒザが痛くてジャンプやターンがしづらい…
  • 野球でボールを投げると、ヒジ・肩が痛くなる…バットを振ると腰が痛む…
  • テニスでヒジ・肩が痛くなり、思うようにボールを返せない…
  • ゴルフで腰が回らない…飛距離が伸びない…
  • バレーボールでブロックの時に当たり負けしてしまう…
  • ハンドボールでボールを投げる時に肩を後ろに引けない…
  • 膝・肩・肘の再腱術を行ったが、予後がスッキリしない…
  • 足首の捻挫ぐせを治したい…
  • シンスプリントやオスグットになりやすい…

上記のようなお悩みは、無いですか?

ケガはスポーツにつきものです。中学生~高校生へと学年が上がるにつれ、練習量が増えることでケガをしやすくなりますが、それは単に練習量が増えたからではありません。

練習量が増えて関節にかかる負担が大きくなったのに対して、関節を支える筋力が高くなければ、当然ケガをします。
つまり練習量が問題なのではなく、関節を守る筋肉が弱いことが問題なのです。

ケガをしないからパフォーマンスが高いのか…

実は一部は正解で、一部は不正解です。ケガをしないということは、そもそも爆発的な力を発揮できない選手はケガをしにくいです。もしくは発揮する力と関節を守る力が均等な方です。ケガはしないけれど十分な力が発揮できない場合、パフォーマンスは低いのです。ケガをしないことは、運動能力の面で良いことだとは言い切れないということです。

関節を守る力 ≧ 関節を動かす力(発揮する力)

ケガをしにくい状態

ケガをする人は…

逆に関節が外れてしまうくらい、強い力を発揮する素質があるか、ただ単に関節を守る力が弱いかのどちらかです。

関節を守る力 < 関節を動かす力(発揮する力)

ケガをしやすい状態

ケガは…

関節を守る力 V.S. 関節を動かす力(発揮する力)の関係性によって決められます。これらが両方とも高いと“ハイパフォーマンス”を発揮できます。ですので日々のトレーニングで自分の関節を守っていく必要があるのです。

関節を守る力 ↑ = 関節を動かす力(発揮する力) ↑

ケガをしにくい状態かつパフォーマンス高

人間は使いやすい筋肉は良く使いますが、使いにくい筋肉は無意識に使おうとしません。そして使っていない筋肉は筋力低下をおこしてきます。その結果、良く使う筋肉に痛みや違和感などの症状が出てくるのです。
この療法はさぼっている筋肉を鍛え、使いすぎて疲労をおこしている筋肉を休憩(リラックス)させることで、関節を守ろうとする筋肉を強化することを目的としています。内容は独自の運動療法と手技を組み合わせた施術となります。

料金

保険施術料+1,000円
※保険適用は、捻挫・肉離れなどの急性疾患、骨折後のリハビリに限られます
※このコースはJPI(関節力向上)運動療法を、ポイントを絞って行う施術です。全身のバランス調整をご希望の方は、JPIコースをおすすめいたします